義歯(入れ歯)

歯を失った方へ 

歯を失いやすい方は、次のような特徴があります。

  • 治療を途中でやめる
  • 噛む力が強い(重いものを持つ仕事の方、スポーツをする方など)
  • 硬い食べ物が好きな方

生まれ持った歯を失うと、義歯(入れ歯)やブリッジといった人工の歯で補うことになりますが、いずれの方法も噛む力は元の歯にかないません。上記の特徴がある方は、1本でも多くの歯を残せるよう、習慣を見直してみてください。

パンよりご飯を選ぶなど、噛む力が落ちた状態でも無理なく咀嚼できる食べ物を選びましょう。

義歯

義歯の種類

金属床

食べ物の感触や温度を感じる床(上顎の内側)を金属で作った入れ歯です。プラスチックよりも薄いため違和感が小さく、感触や温度もしっかり伝わります。チタン、コバルトなどが一般的です。

 

ノンクラスプデンチャー

バネを使わずに、樹脂のカバーでお口の中に固定する部分入れ歯です。金属のバネで固定する従来の入れ歯と比べ、目立たず人に気づかれにくいことがメリットです。欠損歯が多い場合は、金属床との併用を検討する場合もあります。総入れ歯には使用できません。

 

マグネット義歯

歯根が比較的残っている場合に、歯根と義歯にそれぞれマグネットを入れて、磁石の力で固定する入れ歯です。総入れ歯の安定した装着や、部分入れ歯の審美性向上に役立ちます。

 

アタッチメント義歯(ミリング加工)

入れ歯の土台になる歯に、溝のついた歯を被せ、その溝を使って入れ歯を固定します。バネで固定するよりも安定度が高まりますが、土台となる健康な歯が数本必要になります。

ブリッジ

ブリッジは、歯を失った部分に橋をかけるようにして人工歯を補い、口の中に固定する治療法です。噛む力は入れ歯よりも優れていますが、欠損部分の両隣の歯を削って土台を作るため、土台の歯が弱くなりやすいというデメリットがあります。もし両側の歯が健康で削ることに抵抗がある場合は、入れ歯の治療もご検討ください。

保険と自費の違い

保険の入れ歯(レジン床)は、費用を抑えて入れ歯を作ることができますが、厚みによる違和感、発音への支障、食事の温度が感じにくいといった面もあります。機能面や審美面にこだわる場合は、自費治療の入れ歯を検討してみてはいかがでしょうか。

入れ歯は毎日使うものです。患者さんが重視するポイントについてご希望をお伺いして、最適な治療法をご提案いたします。

入れ歯とブリッジの比較

入れ歯

メリット・・・外科処置がない
デメリット・・・噛む力はブリッジに劣る。発音や装着感に違和感がある

ブリッジ

メリット・・・噛む力は入れ歯より強い。自然な装着感が得られる
デメリット・・・欠損歯に隣接する健康な歯を削る。土台の歯に負担がかかる

住所
〒354-0024 埼玉県富士見市鶴瀬東1-10-43 

交通アクセス
東武東上線「鶴瀬」駅より徒歩5分 

診療時間日・祝
8:30~
12:00
14:00~
18:00
18:00~
22:00

 ▲=17:00まで 

※夜間診療は平日不定休で休診とさせていただくことがございます。新着情報にて、随時更新させていただきます。事前にご確認をお願いいたします。

担当医: 8:30~18:00 竹内英明 / 18:00~22:00 竹内拓美

最終受付:21:20

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、富士見市にある竹内歯科医院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

bottom_tel.png
staff staff blog